猛暑時の強いミカタ。ファンジャケット。

コクーン!
どうも…久しぶりの更新なのでテンション上げて始めてみました。
ドンまゆげです。

4月はなんだか春の陽気だったり
夏の暑さだったり、冬カムバックだったりと
忙しい季節の移り変わりだったように思います。

5月の連休も明けて、やっと暑さを感じる時間が出てきたところでしょうか。
ドンは基本的にデスクワークなので、仕事中に汗をかくことは少ないですが
少し体を動かすと、すぐに汗をかく位の暑がりです。

昔は施工管理の業務に携わっていたこともあるので
ピーカンの天気の時は、午前中だけでも相当の汗をかいていました
頭もボヤッとするので、昼飯後は頭から水を被ってリフレッシュし
後半戦のお仕事に備えていました。


リフレッシュ
このくらいザバっと浴びれたら気持ちいいのですが。

その時代に知らなかっただけかもしれませんが、今は現場で作業をする人に対する、様々な機能をもった服やインナーが多いですよね。
素材や糸から拘ったものや、ポケットやジッパー・ボタンなどの機能面が作り込まれたもの新たな機能で着用者に快適な環境をつくりだすウェアなど。

今ではすっかり夏定番の作業服となっている、ファンを取り付けられるワークウェアも素晴らしい発想からうまれたものだと思います。

閃き
上の画像と素晴らしい発想は関係ありません。

そのファン対応ウェアのことを知らない人のために簡単に説明をします。

見た目は、服に小さな扇風機が2つ取り付けられた作業服です。
背中側に取り付けられている(着脱可能)扇風機(以降ファンと呼びます)から外気を取り込み、衣服内へ風を循環させ、汗を気化させることで体温を奪い涼しい環境を衣服内に作り出す仕組みになっています。

空調服 ファンジャケット
こんな感じとか
ファン対応ウェア 空調服 画像
こんな感じです。

その環境を作り出すのに必要なものは主に以下の3点。

  • ファンを取り付けられる服
  • ファン
  • バッテリー

上記のものを揃えることで、ファン付きのウェアを堪能することが可能になります!
ファン対応のワークウェアの種類はもちろん、ファンやバッテリーに関しても各メーカー毎に出しているので数種類存在します。

通信販売Syokcenでは、CUCさんの取り扱うファン対応ウェアのほか、様々なメーカーの商品を取り揃えています。
今後のブログでは、そのあたりの商品をご紹介できたらと思って繭。

それでは、今回のブログはここまで!
今夏もファンジャケットで、暑さを乗り切りましょうっ!
コクーン!