織り方を知る

さて、今回は生地の記事を書いていこうと思います。

ワークウェアに限らず、私たちが着ている服は様々な生地を使用してつくられています。
身近なところですと、デニムやシャンブレー、ドビーなどでしょうか?
生地の種類を大きく分けた、織り物と編み物のうち、上で記載したものはすべて織り物に分類されます。

PICK UP ITEM:デニムワークウェア

PICK UP ITEM:ワークウェア・シャンブレー

PICK UP ITEM:ドビー織りワークウェア

代表的な3種類の織り方

生地の代表的な織り方には、下に記しました3種類のがあります。

  • 平織
  • 綾織( 斜文織 )
  • 繻子(朱子)織

これは、「三原組織(さんげんそしき)」と呼ばれています。
これらの組織を複雑にしたり、様々な糸や、その太さを変えて織り物がつくられていきます。

平織(ひらおり)

平織(ひらおり)は、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)が交差して織られる生地になります。織り方が簡単で、軽く丈夫な上、摩擦にも強くなっています。シャツなどに使用されることが多く、代表的な生地として下のものがあります。

  • ブロード
  • オックスフォード
  • シャンブレー
  • ボイル

綾織(あやおり)

綾織(あやおり)は、斜文織(しゃもんおり)とも言われ、経糸が2~3本の緯糸の上を通った後、1本の緯糸の下を通るつくり方を繰り返した織り方になります。糸が交差する組織点が斜めに出る(斜文線)のが特徴です。
シワがよりにくく、伸縮性があり、光沢感も少しでますが、平織りに比べると耐久性が低く摩擦に弱い面があります。
代表的な生地としては下のものがあります。

  • デニム
  • ダンガリー
  • ギャバジン
  • ツイード(ヘリンボーン)

繻子(朱子)織

繻子織(しゅすおり)とは、経糸と緯糸を共に5本以上づつで織られている織物になります。柔らかく、密度が高く地が厚くなりますが、三原組織の中でも特に柔軟性に長けていて、強い光沢感があります。ただ摩擦には弱いので、ワークウェア向きではありません。
代表的な生地はサテンで、光沢感もあることからドレスなど、華やかな場所に着ていくものに向いた生地ではないでしょうか。

織り方を意識した商品選び

普段ワークウェアを選ぶ際は、目に見えやすいカタチや色などで選ぶことが多いのではないでしょうか?もちろん自身の仕事内容に照らし合わせて、収納や動きやすさのほか、綿ナイロンなどの素材も重要視するかと思います。
ただ『何か新しいもの』とか大きなくくりで選ぶのであれば、自分が普段着ているワークウェアに似たつくりのもの、もしくは全くちがうつくりのもの、見たいな視点で選んでも面白いのではないでしょうか?

素材を覚えたら作業服を選ぶのも一層楽しくなるかもしれませんね。

PICK UP ITEM:ヘリンボーン生地のワークウェア

PICK UP ITEM:ツイル生地のワークウェア

PICK UP ITEM:リップストップのワークウェア