綿(cotton)素材について

綿(cotton)

綿(cotton)の特徴

今やほとんどの衣料用品に使用されている素材でもある綿(cotton)。綿は微細な繊維なので、肌に触れた際の抵抗が弱く、肌触りがよい素材です。そして吸水性も良いことからタオルや下着に使用されることが多くなっています。

また吸湿性にも優れているので、例えば汗をかいて衣服内に湿気(汗が蒸発したもの)がこもると、それを吸収し外側へ発散する性質があります。そのため、暑い季節でもある程度快適に過ごすことができるのです。
逆に、冬場になると繊維内の中空部分が断熱効果を発揮し、熱の放出を抑えてくれるので、暖かさが持続されます。

夏には涼しく、冬には温かい。年間を通して着ることができる衣料がつくり出せるスーパー素材ですね。

タオル画像

綿(cotton)のデメリット

そんな良いところだらけに思える綿にもいくつか欠点はあります。

自然素材な綿は、長時間一定の圧力が掛かったり、水分を多く含むとシワになりやすくなっています。そのため長期の保管をする際は注意が必要です。
また綿は天然繊維ですので紫外線に弱く、長時間日光にあてると黄変します。綿100%の衣類などは陰干しをすることをオススメします。
そのほか上で述べた吸水性に関係してきますが、繊維内に多くの隙間をもつ綿は、多量の水分を含みますので乾きが遅くなっています。

シワになりやすく、紫外線に弱く、乾きにくい。・・・とデメリット部分を抽出して並べると、メンテナンス面はとても厄介な素材のようですが、それを補って余りあるくらいの魅力があるのも事実です。

綿のメリット

  • 肌触りがよい
  • 吸水性がよい
  • 吸湿性がよい
  • 丈夫
  • 暑さを和らげるし、温かさを保てる。年中無休。

綿のデメリット

  • シワができやすい
  • 乾きが遅い
  • 縮む
  • 長時間の日光浴で変色する場合あり。

ワークウェア オブ 綿

それではギャラリー形式で、ザザザっと綿を使用したオススメのワークウェアをご覧下さい。

綿を使用したその他のワークウェアは下記よりご覧下さい。

Syokcen 綿を使用したワークウェア