作業服から電動工具まで何でもそろうプロ・ホームセンター Syokcen 職専-ショクセン

”職専-ショクセン”は職人の方々の仕事を応援します!
作業服から電動工具まで何でもそろうプロ・ホームセンター Syokcen 職専-ショクセンにおまかせください!

検索

商品のお探しや、商品についてのご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
0120-674-009

ファン付ウェア
ファンとバッテリーの使用上のご注意事項

ファン付ウェアを使用する上での注意事項になります。下記の各項目をお読みの上、正しくご使用ください。

必ずウェアと同ブランド(推奨)の専用ファン・バッテリーをご使用ください。
他社商品を併用してご使用した際に発生する故障や事故につきましては責任を負いません。

1.ご使用上の注意

  • ●リチウムイオンバッテリー(以下バッテリー)・ファンにつきましては、パッケージ付属の取扱説明書をよく読み正しくお使いください。
  • ●バッテリーを充電する際は、専用充電器以外は使用しないでください。
  • ●充電可能温度(0℃~40℃)の範囲外で充電しないでください。性能、寿命を低下させることがあります。
  • ●使用後は充電器からバッテリーを抜いて保管してください。
  • ●濡れた手でバッテリー、ファン、充電器を触らないでください。
  • ●水没または水漏れしたバッテリーは、絶対に使用しないでください。
  • ●液漏れしたバッテリーには直接触れず、使用を中止してください。
  • ●バッテリーを火の中に絶対に投入しないでください。
  • ●充電中または使用中に触れなくなる程熱くなる場合や異臭がある場合は、使用をすぐ中止してください。
  • ●ファンに火花が入るような状態での作業は絶対にしないでください。
  • ●絶対にファンに指を入れないでください。小さいお子様には特に注意してください。
  • ●ファンを濡れたまま使用しないでください。故障の原因となる場合があります。
  • ●ファンは丸洗いに対応していません。ファンのお手入れにはウェットティッシュ、ティッシュ、綿棒で使用してください。クリーナー液などを使用する際は直接ファンに吹きかけないでください。
  • ●ファンに金属などの異物が入らないように注意してください。羽が破損する原因になります。
  • ●ファン付きウェアを使用される際は、火が移った場合に備え1人での作業はおやめください。
  • ●ファン付きウェアを火のそばや炎天下の車内などの高温の場所(45℃以上)で使用、充電、放置はしないでください。発煙・破裂・発火の重大事故の原因になります。
  • ●ファン付きウェアを引火性ガスが充満した場所での充電、使用、保管をしないでください。
  • ●故障や感電の恐れがあるので、ファン付きウェアが湿った状態や濡れたウェアの上からは着用しないでください。
  • ●バッテリーをファン付きウェアの内ポケットに入れる際、必ずポケットの口にあるマジックテープ、ファスナーを閉じてください。落下して破損する恐れがあります。
  • ●ファン付きウェアを落下させる、叩く、投げる、踏みつける等の行為は絶対にしないでください。また、ケーブルを持って運んだり、引っ張ったり、重いものを乗せないでください。火災や断線の原因になります。
  • ●飲酒後や、体調が思わしくない時は着用しないでください。
  • ●着用中に体の異常を感じた時は直ちに着用をやめてください。
  • ●着用したまま眠らないでください。また、着用していない時はスイッチを必ず切ってください。
  • ●ご自身で着脱が困難な方、温感障害をお持ちの方は使用しないでください。
  • ●ご使用後、洗濯時には必ず電気部品(ファン・バッテリー・ケーブル等)を全て取り外し本体ウェアだけを洗濯してください。
  • ●静電気が発生する恐れのある場所では使用しないでください。
  • ●ご自身での修理や改造は絶対にしないでください。

2.バッテリーの寿命について

正しい充電をしても、蓄電池の使用時間が著しく低下してきたときは、蓄電池の寿命がつきたものとお考えいただき、新しい蓄電池をお買い求めください。寿命のつきた蓄電池をそのまま使用していると、蓄電池だけでなく、充電器故障の原因になります。※電圧を数値に置き換えて表示しています。電圧の変化で数値が前後する場合があります。

3.バッテリーを長持ちさせるポイント

高温時の充電は避けてください。使用した直後の蓄電池は熱くなっていますので蓄電池が少し冷めてから充電してください。すぐ充電すると蓄電池の寿命が短くなります。また、お車に載せた状態や、温度の高い現場で長時間おいた状態で高温になった本体も同じく少し冷めてから充電してください。

4.バッテリーの保管について(シーズン中)

リチウムイオンバッテリーは過放電させると著しく寿命を縮めるだけでなく、内部が不安定な状態になりますので、電池残量がゼロになった場合は、2日以内に充電するように注意してください。

5.バッテリーの保管について(オフシーズン)

電池残量がないまま自然放電で完全に放電すると電池の特性上再充電出来なくなるのでシーズン後に保管する時は充電をして保管してください。目安としては半年に1回程度充電してください。

6.蓄電池はリサイクルへ

バッテリーに使用の蓄電池はリサイクル可能な貴重な資源です。蓄電池や本体の廃棄の際は、リサイクルにご協力いただき、ご購入の販売店にご持参ください。なお、新しい蓄電池は、弊社純正品をお買い求めください。当社指定の蓄電池以外の使用や分解、改造した物(蓄電池を分解してセルなどの内臓部分を交換した物を含みます)は、安全性や製品に関する保証はできません。