作業服から電動工具まで何でもそろうプロ・ホームセンター Syokcen 職専-ショクセン

”職専-ショクセン”は職人の方々の仕事を応援します!
作業服から電動工具まで何でもそろうプロ・ホームセンター Syokcen 職専-ショクセンにおまかせください!

検索

商品のお探しや、商品についてのご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
0120-674-009

ご購入に際しての注意事項ご購入に際しての注意事項Attention

採寸について

ユニフォームを美しく着ていただくために

正しい採寸が基本となります。
採寸の仕方を参考に、あなたに合ったユニフォームをお選びください。

メンズ(作業服)

イメージ図1

①胸囲
胸の一番高い所を水平に計ります。(背中の丸みにも注意し、締めつけすぎないように計ってください)
②ウエスト
胴の一番細い所を水平に計ります。(背筋を伸ばした自然な状態で)
③ヒップ
腰の一番太い所を水平に計ります。(ウエストから18〜19cm位下がった所を、お腹のふくらみに注意して計ってください)
④肩巾
右肩先から左肩先まで、後ろ襟ぐり中央を通って計ります。
⑤袖丈
腕を自然に下げ、肘を軽く曲げた状態で、肩先から手首までを計ります
⑥背丈
後ろの襟ぐり中央からウエストまで計ります。
⑦着丈
後ろ襟中央から背中心に沿って、上着の裾まじ計ります。(着る方の好みとその時々の流行によって変わってきます)
⑧裄丈
後ろ襟ぐりの中央から肩先を通って手首までを計ります。
⑨腕まわり
腕の付け根から、水平に腕を一周計ります。
⑩股下
股下の付け根、縫い目が十字に交差したポイント(基準点)から、縫目に沿って裾までの長さを計ります。

レディース(事務服)

イメージ図1

①バスト
胸の一番高い所を水平に計ります。(背中の丸みにも注意し、締めつけすぎないように計ってください)
②ウエスト
胴の一番細い所を水平に計ります。(背筋を伸ばした自然な状態で)
③ヒップ
腰の一番太い所を水平に計ります。(ウエストから18〜19cm位下がった所を、お腹のふくらみに注意して計ってください)
④肩巾
右肩先から左肩先まで、後ろ襟ぐり中央を通って計ります。
⑤袖丈
腕を自然に下げ、肘を軽く曲げた状態で、肩先から手首までを計ります
⑥背丈
後ろの襟ぐり中央からウエストまで計ります。
⑦着丈
後ろ襟中央から背中心に沿って、上着の裾まじ計ります。(着る方の好みとその時々の流行によって変わってきます)
⑧スカート丈
前ベルトの下端から裾までを垂直に計ります。(カーブベルトスカートは前中心位置で上端から裾まで計ります)
⑨裄丈
後ろ襟ぐりの中央から肩先を通って手首までを計ります。
⑩腕まわり
腕の付け根から、水平に腕を一周計ります。
⑪中ヒップ
ウエストから10cm下がった位置、またはヒップから10cm上の位置で計ります。
⑫股下
股下の付け根、縫い目が十字に交差したポイント(基準点)から、縫目に沿って裾までの長さを計ります。

素材について

商品を長く、快適に着用していただくには、日々のクリーニング方法が大切なポイントとなります。
商品に付いております洗濯マークの表示にご注意され、大切にお取り扱いください。

洗濯マークの読み方
40度 液温は40度を限界とし、洗濯機の弱水流による洗濯ができる。 アイロンNG アイロンがけはできない。
30度手洗い 液温は30度を限界とし、手洗いがよい。洗濯機の使用不可。 ドライ ドライクリーニングができる。溶剤はパークロルエチレンか石油系。
30度 液温は30度を限界とし、洗濯機の弱水流、中性洗剤を使用する。 ドライ石油 ドライクリーニングができる。溶剤は石油系のものを使用する。
水洗いNG 水洗いはできない。 ドライNG ドライクリーニングはできない。
塩素漂白 塩素漂白剤による漂白ができる。 脱水 手絞りの場合は弱く、遠心脱水の場合は短時間で脱水するのがよい。
塩素漂白NG 塩素漂白剤での漂白ができない。 陰干し 日陰で吊り干しがよい。
アイロン160度 アイロンは160度を限度として中温(140~160度)でかけるのがよい。 平干し 日陰で平干しがよい。
アイロン120度 アイロンは120度を限度として、低い温度(80~120度)でかける。